自宅出産

b0109504_18301778.jpg


昨日は台風接近の中助産院での検診日

30w 1d


助産院ではエコーはないので助産婦さんが手で触って

赤ちゃんの大きさを確認します

息子は頭をわしづかみにされたり

私に足をくすぐられたりしてかなり動揺していました 

『一体なんだ!?何が起きているんだ!?』 みたいな 笑

その後、血海というつぼを押す施術を受けるのですが

これが半端なく痛い!

太ももの内側を踏むのですが、お産のみたいに先生に

「はい、ふ〜っ」と呼吸を指示されて

それに合わせて呼吸しないと痛くて失神しそうなくらい..

これは毎日、旦那さんにやってもらう事と言われたので

昨晩は夫にレクチャーしながら踏んだら

失神しかけていました...

その後スクワットを15分くらいやって診察はおしまい

現在の体重が51.5kgなのですが

元の体重が45kgなので

もうちょっと太りましょうと言われました

出産の時にはものすごいエネルギーが必要だから

母体にもある程度の脂肪が必要なんだそうです

助産院に通っていますが

実際に子供を産むのは自宅になります

自宅だとそれなりにリスクもあるんじゃない?

と言う声が聞こえてきそうですが

もちろんリスクはあります

万が一の為の病院は今、助産院とあわせて

通っているところか緊急の場合は専門の病院になるので

車で10分はかかります

病院で産めばその辺の時間のロスがなく

お医者さんが薬と技術を使って

無事に産めるような確率を高めてくれると思います

でも毎日の食事と睡眠と運動によって

体の持つ本来の力を高める事で

無事に産めるようにしたいと思いました

妊娠期間中の毎日の積み重ねで

安産になるかどうかが決まります

私はその努力をしたかったし努力できると考えたので

一番納得して安心できる自宅で産む事にしました
[PR]
by ka--i | 2007-09-07 18:30 | こどもの記録
<< 手作りする息子の服 助産院 >>