助産院

b0109504_8375260.jpg

妊娠した当初は家から歩いて5分の

総合病院に通っていたのですが

幾度となく担当の先生が変わったり

検査をはしおられたり!

診察料も無駄に高くて、だんだんここで

産んでいいものか?

と思い始め 産む場所を再検討しました


今は家から15分くらいのところ助産院に通っています

病院に通っていた時のように

毎回マスクを用意したり

5分で診察が終了なんて事もなく

ちゃんと1対1で話を聞いてくれて

信頼関係が築けていけるので

お産に対して不安を感じる事なく

むしろ安心して臨める気持ちになった気がします

それに産まれたばかりの赤ちゃんを見たりすると

小さーい可愛いーと

感動してすごく待ち遠しくなります

そして自分の中で大きな気持ちの変化が!

病院だとなんだか任せて

陣痛がきたら、どうぞ無事取り上げて下さいってなるのかなぁ

なんて思っていたけれど

助産院に通ってからはあくまでも

自分のスタイルで自然に無事に産まれるように

自分のお産なんだから自分がなんとかする!という

とても積極的な気持ちになっています

そういう気持ちになってから

普段の生活の中で、きちんとした

食事(粗食のごはんなど)はもちろん

床のぞうきんがけを毎日したり

2時間以上は必ず歩いたり

意識して体を動かすようになりました

最初はまた座骨神経痛とかになったら・・

なんて不安もあったけど、もう全然平気

そしてとにかく体を温めるということについて

強く意識するようになりました

初めて助産院に行った日に暑かったので

スパッツと靴下を履かずに行ったら

「鳥でもたまごを必死で温めるのよ!

自分のお腹に大きなたまごを抱えてると思って!」

と指摘されて

それからはどんなに暑くとも

スパッツと靴下は常に着用しています

あと、夏のシャワーも体を冷やすと言われ

毎日必ずお湯につかるようにしています

あと、2ヶ月しかないけど

これからお灸をならったり、整体の先生に

正しい歩き方を習ったりと

ますます忙しくなりそうです
[PR]
by ka--i | 2007-09-06 08:55 | こどもの記録
<< 自宅出産 夏の日の音 >>