家族のごはんをつくること


b0109504_15584566.jpg

薬が飲めないので体を治すには

毎日の食事が本当に大切

細胞は毎日生まれ変わるので

自分が口にしたものが息子と自分の

体をつくるんだと思うと

自然と健康的な食事になっていく気がします

b0109504_15594059.jpg


b0109504_160650.jpg


坐骨神経痛にいいとされている

ミネラル・カルシウム・ヨードをたくさん

とる為に、毎日わかめ!わかめ!わかめ・・・

豆腐の上にのせてサラダにしたり

スープにしたり・・

わかめは羊水をきれいにもしてくれるので

妊婦さんにはかかせない食材です

あと、小魚や牛乳そして葉ものを

バランスよく

薬と違ってすぐに効果はないけれど

結局よい食事が自分の体を

整えてくれるんだなぁと実感しました

健康な体と心は、毎日の

おいしいごはんで作られていくのかもしれません

b0109504_1603543.jpg



母乳生活となった今

よりいっそう体にやさしいものを

作りたいと思うようになりました

毎日の生活で大事なのは

おいしいものを作って食べて

気持ちよく眠ってたくさん笑って過ごす事

食べること=生きること

だから「食事」はすごく大切にしています

いいお乳がでるようにお米中心の食事で

バター、牛乳、チーズなどの乳製品

ジュース、果物、市販のお菓子(洋菓子も和菓子も)

その他の砂糖類(黒糖を除く)は

なるべくとらないようにしています

ママというのは一日中色々とやることがあって

なかなか料理する時間が十分にとれない上に

なるべくとらない方がいい食材があったりと

色々難しいけれど。

根菜、野菜、ご飯たまにお肉お魚..みたいな

我が家の食卓ですが

何かの参考にしてもらえると嬉しいです




[PR]
by ka--i | 2007-08-18 16:00 | 家族のごはんをつくること
<< パリの子供雑貨 小茂田 青樹の虫魚画巻 >>