クルミのスパゲッティ/胚芽押麦のリゾット


息子の風邪を機に本格的にマクロビを取り入れる事に

b0109504_6265677.jpg



前々から興味はあり、本は買ってあったのですがなかなか時間もなく

今回息子がダウンして寝ている間に全て読み終えました



私が読んだのはこちらの本



「マクロビオティックと暮らす」奥津典子著





朝昼夜のマクロビオティックレシピ



この本を読んで概要を勉強し

久司道夫先生の本や中島デコさんのレシピ本を購入しました

b0109504_6273561.jpg


とはいってもいきなり食生活を全て変えるのは難しいので

自分の出来る範囲で無理なくできる程度に

まずは朝のお味噌汁の習慣と電子レンジをやめる事からはじめました

ついでにIHもあまり使用しないように...(これは困った!)

写真は朝食用に作った昆布でだしをとった胚芽押麦と玉葱のリゾット

玄米を中心とした食事になると、どうしても鉄分が不足しがち

玄米のヌカ部分に含まれているフィチン酸は発ガン防止や

化学物質を解毒し、速やかに体外へ排出するという優れた部分がある反面

ミネラル類と結合して、鉄分等の吸収を阻害してしまう作用もあるそう

鉄分が不足してるからとただ鉄分だけを補給しても、ほとんど吸収されないので

鉄分を身体に吸収させるためにビタミンBやビタミンC、クエン酸が含まれる

食べ物と合わせてとる事が大切になります

一番いいのは雑穀や麦等と一緒にとること、麦には鉄分が含まれています

最近は、玄米に丸麦を混ぜたり、雑穀をまぜたりして食べたりするようになりました

野菜スープに麦をいれたり、リゾットにすると

プチプチという触感も楽しむ事ができておすすめです

あとは、お味噌を麦味噌にしたりとか...

その他に鉄分としていいものは、れんこんやごぼう

切干し大根といった根菜類、ひじきや海苔等の海草類、大豆類

もやし等もたくさん含まれているみたいです

せっかくのおいしい秋

1日1食ずつぐらいから変えていけたらと思います 


b0109504_6293792.jpg


麺もなかなか捨てがたい....

とりあえず今ストックがある物を使い切ったら

次回はマクロビ用に切り替えようかな

b0109504_6304313.jpg


この日はベランダで育てていたピーマンでスパゲッティ

ちょっと小ぶりだったけど味はぎゅっと濃くておいしかったです

カリカリのちりめんじゃことローストしたクルミを添えて





イチジクは極陰だったとは知らずに購入したので

これが食べ納め!?

食べ物の陰陽については今回はじめて詳しく知りました

b0109504_6313552.jpg


陰陽のバランスとか難しい事を考えると今までの食生活に

反省する点がたくさんありました

驚いたのは子供の体の方が正直だったということ

そういえばナスやトマトって毎回上手く消化できていなかったなぁと

子供に学ぶ事も多いのでした

b0109504_6281191.jpg


それにしてもまだまだ勉強しないと特に育ち盛りの

子供を育てて行く上での注意点など、もう少し勉強する必要がありそうです



[PR]
by ka--i | 2009-09-18 06:31 | 家族のごはんをつくること
<< 鶴の湯温泉郷 1歳10ヶ月 >>