「ほっ」と。キャンペーン
楽な卒乳のさせ方



私と同い年なのにとっても知的で憧れるような素敵なママから

卒乳させるときのポイントについてリクエストを頂いたので

私が助産院で教わった方法を書いておきたいと思います


まず、時期について

1歳ぐらいになるとまわりからも「そろそろやめたら...」なんて

言われるかもしれませんが、あごの発育や

腸内細菌の問題などから1歳半までは続ける事が好ましいです

WHOではたしか2歳まで推奨していたような....(長いですね)

先日も書いた通りお母さんの”おっぱい疲れ”もあるので

母乳生活は短く太くがいいと思います


「まだやめられないんだけど...」という方、無理にやめる

必要はありません。親子でよく話し合って決める事が大切です


おっぱいをやめる時期は体調を崩しにくい春か秋が良いです

夏や冬に風邪などにかかった時一番子供に必要なのは

薬ではなくお母さんのおっぱいになるからです


やめるときがきたら1週間は粗食にしましょう

最後においしいおっぱいをあげる為と卒乳時に張るので

その時に乳腺炎になったり自分が痛い思いをしなくてすむように


またベビーには事前に「○○におっぱいバイバイしようね」と

話しておく事が大切です

この○○は例えば次のパパのお休みの日に..とか具体的に

※卒乳には少なからずパパの協力も不可欠です


やめる日が来たら...

「おっぱい飲んでー!!」と追いかけてでも飲んでもらいましょう

そして「おっぱいバイバイね」と声をかけ

バイバイしてもらって←ここ重要です

(ここで了解が得られないと子供は熱をだしたり

食事を食べなくなったりとと無言の抵抗があります)

バイバイしたらきっちり最後にします


2、3日は激しく泣くと思います

息子の場合は朝起きた時に文句をいいながら泣いた程度でした

泣いても与えられません

パパや家族にだっこなどで協力してもらいましょう

またおもちゃや絵本であそびおっぱいの回数と同じくらい

ベビーと触れ合いましょう

ベビーにはおっぱいの回数と同じくらい

お茶と一口大のおにぎりを与えます


母は粗食を続けます。おっぱいは張ってまるで板のようですが

丸3日間はしぼらないで下さい

※しぼると張りが続きしこりができ、手当が難しくなります

どうしても辛いときはユキノシタの湿布、里芋湿布

キャベツ湿布が有効です

(キャベツはパティシエも腕にまくほど。熱をとり、炎症を抑える効果があります)

※ちなみにキャベツブラ←(と呼んでいた)はかなり衝撃的で落ち込みますが

人生の中でそうあることではないのでむしろ楽しんでみて下さい 笑



4日目に助産院または出来る人は自分でしぼります

(自分で上手くしぼれないとおっぱいの中にかすが残り腐って炎症を

起こす場合があるので私は専門の人に頼むのをお勧めします)


1週間後に全てしぼりきります

2週間後にマッサージを受けとまっているかを確認して


無事に卒乳です!



[PR]
by ka--i | 2009-09-06 08:13 | こんな困った
<< お砂場セットがやって来た スイミー >>