良いママの基準


良いママの基準ってなんだろう?

一昨日、私のブログを見て下さっている方から

「素敵なママぶっているけどどーなの?」というコメントをもらって

私なりに色々考えてみました

確かに私は素敵な良いママではないと思う

というより完璧なママなんて誰もはじめからなれないんじゃないかな

でも良いママになりたいから毎日色んな本を読んだり勉強したり

ママになってから見逃せない、聞き逃せない、知りたいことが

たくさん増えた気がします

子供と楽しく毎日過ごしたいし、安全な物を食べさせてあげたい

色んな所へ行って色んな経験をさせてあげたい

いざという時に病院の先生任せにするのではなく

生まれた瞬間から一番子供を見てきた自分が少しでも対応できるように

自宅カルテを作って体調管理を工夫したり

熱やケガをした時は薬に頼るのではなく

家庭でできるやさしいケアをしてあげたいとか

ママになったら少なからず思う事じゃないかな


子供は誰一人として全く同じ子はいないし、だから

正しい育児の方法なんてマニュアルがないからみんなそれぞれ

色んな工夫をしてるんだと思います

私が聞いたり見たり教えてもらってよかったなと思う事を

この育児日記で紹介しています

それは私はいいママなのよ!ってアピールしたいわけでもなんでもなく

育児は時に大変な事もあるからいい情報があればどんどん色んなお母さんたちに

知ってもらって参考にしてもらいたいと思っているし

子供と密度の濃い時間を過ごせる時間は限られているから

その時間が穏やかでやさしい思い出となって

親子の心に残って欲しいと思っているから


だからぶっているとかそういう目でしか見られないのは

残念だったしnonさん、なんだかとても可哀想です

それから「同じ積み木を幾つかお持ちですよね?子供へたくさん

おもちゃを買い与えるのはいかがなものかと。」への回答ですが

確かに我が家には積み木がいくつかあります

オークションで購入した手押し車についていた積み木

息子の名前の入った積み木

先輩ママにお勧めだと聞いて買った積み木

その昔まだ妊娠前に見つけて子供ができたら遊ばせようと思って買った

オランダのアンティークのセラミックの積み木

私の幼稚園の積み木

確かにたくさん持っているし

たくさんのおもちゃを子供に買い与える必要はないと思います

でも年齢にあったおもちゃとか実際に買ったけれどあんまりだったなとか

初めての子育てで何が子供にとってよいかわからないですから

時としてそういうこともあると思います

子供が手放さないくらい気に入ってくれてそればかりで遊ぶような

そんな完璧なおもちゃにはじめから出会えたらそれはとてもラッキーです

同じ積み木でもそれぞれが我が家にきた理由があって

どれも同じように大切にしています

息子に必要なくなった時は誰かに使ってもらうように

捨てたりするのではなくて

最後まで責任を持って扱う姿を子供に伝えられたら

それはそれでいいと思っています

なんでもかんでも買い与えるのは良くないけれど

時々集まってしまう事もあると思います

完璧なママでなくて残念な思いをさせてしまったようですが

私は完璧なママになるつもりもありませんしなりたいとも思っていません

部屋が散らかっていたとしても、いたずらされても

子供が自分のいうことを聞いてくれなくても

子供と笑顔でたくさん過ごせるお母さんになりたいと思っています

子供は親の映し鏡

いつか子供に少しでも良いお母さんだったなと思ってもらえたら

その時はじめて、いいお母さんになれるんじゃないかな?













[PR]
by ka--i | 2009-09-02 14:10 | こんな困った
<< セコム発動 食事中の足ぷ〜らぷら >>