子供の蚊にさされにはオトギリソウ


b0109504_17283349.jpg


夏のこの時期なんといっても困るのが蚊にさされ

息子は特に蚊の毒に弱いらしくさされた所が毒負けして

腕や足が骨折でもしたのかと思うくらいにぱんぱんに腫れてしまいました

(サンダルも腫れ過ぎて履けなくなったぐらい)

写真はさされて2週間目..


一度さされると治りがすごく悪くて遅い

ホメオパシーで患部の熱をとり、カレンドュラの

ホメオパシークリームで消毒と炎症を抑えるものの

夜寝ている間などにかきむしってしまいかわいそうなことに...

そんな時に思い出したのがこちら

b0109504_17292873.jpg


オトギリソウの焼酎漬け

昔から私自身蚊にすごくさされやすくて祖母が作ってくれたもの

市販の虫さされクリームよりもずっとよく効くし

さされた後すぐに塗れば赤みもかゆみも驚くぐらいはやく引くし

万が一かきむしってしまった後でもそんなにしみません


祖母は日本のオトギリソウを使っていたけれど

なかなか手に入りにくいので西洋オトギリソウのセントジョーンズワートを使用

これだとハーブティー用に乾燥させてものが売っているので手に入りやすいです

このセントジョーンズワートを焼酎につけて半日もすれば使う事ができます

簡単だしなにより安全!蚊に刺されで困っている方におすすめです


b0109504_17294680.jpg



携帯用に小瓶に入れています


おまけの話

蚊よけとして言わずと知れた蚊取り線香

蚊取り線香を燃やすことによって殺虫成分のある化学物質を拡散させて

退治しています

この化学物質は元々は天然の除虫菊(シロバナムシヨケギク)の

子房に含まれるピレトリンというもので、元祖の蚊取り線香は

この除虫菊を渦巻き型にしたものでした

今の蚊取り線香は除虫菊ではなく化学合成したピレトリン類似物質

ピレスロイド類が中心です

化学物質過敏症などの心配を避ける為にも

有害性の心配される市販の虫除け剤ではなく

もっと安全な方法で子供を守ってあげたいですね

アロマだとティーツリーが虫除けの効果があることで有名です

これから夏本番でバーベキューなどで野外での機会が多くなるので

安全な虫除け対策をしたいと思っています


アロマの虫除けのサイトとても参考になります




9/3 追記

b0109504_17501815.jpg


お義姉さんと助産院から耳寄りな情報を

教えてもらったので、追加で掲載です!

蚊にさされは空気に触れるとかゆくなるのでバンドエイドが有効

実際に貼ってみるとさっきまでボリボリ掻いていたのを

忘れたかのように掻くのをやめます

傷口が広がらないのもいいところ

助産院で教わったのはラベンダーの精油

直接さされた所に塗るだけですが

かゆみを止めます

(精油なので純正のオイルを使う事と傷になっている時はやめた方がいいです

あと、1歳未満の子にはアロマオイルは直接肌に塗るのは避けた方がベター)






[PR]
by ka--i | 2009-08-14 17:29 | こんな困った
<< 1歳9ヶ月 チワワの子犬 成長記録 >>